「虐待のニュースが辛い」と語る女性 その理由に共感の声が相次ぐ

虐待は一生心に癒えない傷を残すのだろう。

落ち込む女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

連日のように報じられる、子供に対する暴力・虐待の事件。多くの人が胸を痛めていることだろうが、過去に虐待されていた人は、より辛い気持ちになっているようだ。

女性向け匿名掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。


 

■「虐待のニュースが辛い」と語る女性

「ここ最近虐待のニュースが多くてしんどいです」と述べる投稿者の女性。彼女いわく、幼少期に理不尽な理由で殴られ、責められてきたそうで、ニュースを見るたびにそのことを思い出し、辛く悲しい気持ちになってしまうんだとか。

そして、他のネットユーザーに対し、「この感情をどう処理すればいいのか」「同じような方いますか?」と投げかけたのだった。


 

■「私も」と共感の声

この報道に対し、同じように幼少期に虐待を受けていた人たちから、共感の声が相次ぐことに。

・私も殴られて育ったから思い出して辛いです


・私も赤ちゃんの時に父親からDVを受けていたので、自分が産んでからなんでこんな可愛い赤ちゃんや子供を叩くのだろうとますます疑問になった


・私の親も小さな事で物でぶったり、無視したり、部屋に閉じ込めて大声で長時間怒鳴ってきてた。 「子供は産むもんじゃない」って言われ続けてた。 でも自分が子供を産んで初めて、自分の命より大切な存在があるって知ったし、子供は望まれて生まれてくるものだと知ったし、ましてやこんな柔らかい肌のか弱い存在を物でぶつなんて考えられない。虐待のニュースを見るたびに犯人や自分の親への憎しみがふつふつ込み上げてくる


・私も、子供なんか言ったって分かりゃしないんだから身体に叩き込んでやんなきゃダメなんだ!と理不尽極まりないこと言われ暴力振るわれながら育ったから、虐待のニュースとか見ると本当に辛くなる。母親は無関心だったしね


虐待が、いかにその人の心に深く、癒えない傷跡を残すのかを痛感させる。

次ページ
■辛い気持ちになるのはみんな?

あなたにオススメ