あなたなら許せる? 高さ18メートルの橋から「親友」に突き落とされた女性が心境告白

米国ワシントン州で起きた事件で、当時の映像がSNSに公開され、話題と批判を集めている。

社会

2019/02/17 20:00

橋
(lolostock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

橋から落下して肋骨を6本骨折し、肺が破裂する重傷を負った女性が、事故後6か月経った今でも理学療法を受けていることを明かした。


 

■橋から落下する動画がSNS上で拡散

2018年8月、米国ワシントン州にあるモールトン・フォールズ橋からジョーダン・ホルガーソンさん(16歳)を突き落としたとして、テイラー・スミス被告(19歳)が他者を危険にさらした罪に問われている。

現場にいた知人が撮影した動画には、ジョーダンさんが「やっぱり飛び降りたくない」とつぶやいた数秒後、背中を押されて落下する様子が映っている。

ジョーダンさんは、手足をばたつかせながら60フィート(約18メートル)下を流れる川に腹部から叩きつけられた。医師によると、コンクリート上に落下した場合と同等の衝撃があったという。


関連記事:宝くじで1億円を当てた女性 その後の「悲しすぎる結末」に言葉を失う

 

■検察が司法取引を提案

ジョーダンさんは事故から6か月経過した現在でも理学療法を受けており、「体を動かすといまだに肋骨に痛みが走ります」と語っている。

スミス被告は罪状に対して無実を主張しているが、今週、検察が司法取引を提案していることが明らかになった。ジョーダンさんの家族は取引内容を支持すると表明しており、被告が受けている懲役1年の実刑判決にどう影響するかが注目されている。

次ページ
■友人に対する複雑な思い

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ