SOD女子社員・日下部加奈がガチでAV出演 初作品は「上司のデスクで」と大胆暴露

SODの宣伝部で働く女子社員・日下部加奈がAV出演。その理由に迫った。

日下部加奈

世の男性なら一度は聞いたことがあるであろう、大手AVメーカー・SOD。元社員の加藤ももかちゃんに続き、今回、実際に女子社員として働いている子がAVに出演することに。その名も日下部加奈(くさかべ・かな)ちゃん。

普段は宣伝部として活動している彼女が、どのような経緯でなぜAV出演をしたのか。直接本人に尋ねた。


 

■きっかけは紗倉まな

日下部加奈

元々は「AVをしっかりと見たことがなかった」と話す彼女、それだけではなく、むしろ悪い印象すら抱いていたそう。

日下部:いままでAVに対してあんまりいいイメージがなかったんですよ、「無理やり」みたいなイメージが強くて…。でも雑誌を読むのが好きで、女性誌にあった「性の特集」から女性向けAVの存在を知ったんです。そこから徐々にいろんな作品を見るようになりましたね。


AVの悪いイメージは少しづつ払拭されていったようだが、肝心なSODへの入社の動機は何だったのだろう。聞くと、きっかけは人気セクシー女優・紗倉まなであると話す。

日下部:紗倉まなさんがドラマに出ていて、かわいいなと思って検索したらセクシー女優さんだった。それで公式サイトに飛んで、ランキング上位の作品を見漁る生活が始まりました(笑)。


その後に、紗倉まなさんのことをもっと調べたら、AVだけじゃなくていろんなこともされてるので、「女性でも囚われないで活躍してるのすごいな」「何か私も関われないかな」って考えるようになって。


でも私自身が女優になるのは無理だし…影で支えれたらいいなって思ったのが入社のきっかけでした。


 

■早々に出演を果たす

日下部加奈

結果、無事にセクシー女優と関わることができる企業に就職でき、所属は宣伝部となった。女優のPR活動という理想に近い仕事のほかにも、最近ある試みにも挑戦している。それがYouTubeにあるSOD公式チャンネルへの出演だ。

日下部:カメラに向かって喋るっていうのを経験したことがないので、一番最初の動画を確認したんですけど、すごく視線が落ち着いてなかったです。ずっとキョロキョロしていて、見ていて酔っちゃうくらい視線が安定してなかったんですよ(笑)。


すでに何本かに出演しており、中には「彼女のバスト」にフォーカスを当てた動画も。しかも、再生数も20万回超えと大きな反響を呼んだが、どう思っているのか。

日下部:YouTubeのコメントって自由なので、みんな本当のことを言うじゃないですか。そこで胸を「いいじゃん」とか「すごい」って言ってくれる人がいたので、少し自信になりましたね。前までは、巨乳っていうのを「よくないもの」って思ってたけど。

次ページ
■巨乳がコンプレックス?

この記事の画像(11枚)

あなたにオススメ