61歳男、20歳女性介護士にわいせつ行為 訪問介護で起きた事件に「トラウマになる」

20歳の女性介護士が、訪問看護先の家で61歳の男からわいせつな行為を受けた。

社会

2019/02/20 14:30

尻
(tzahiV/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

介護の重要性が日に日に増している今の日本。しかし、介護を受ける側の人がみな感謝の心を持っているとは限らず、なかには許されない行動に出てしまう人も。

20歳の女性介護士が訪問看護先の家で、61歳の男からわいせつな行為を受けていたこと、そして男が強制わいせつの疑いで逮捕されていたことが判明。ネット上で注目を集めている。


 

■20歳女性介護士にわいせつ行為

報道によると、逮捕容疑は昨年9月。舞台となったのは、名古屋市中川区だ。

男は訪問看護で訪れた女性介護士(当時20)の体を触るなど、わいせつな行為をしたほか、その行為を注意した別の女性介護士(当時38)の髪をつかみ、引き倒してケガをさせた疑いがある。

なお、警察の取り調べに対し、男は傷害については認めている一方、わいせつ行為については否認しているという。


 

■「トラウマになる」

この報道に対し、ネット上では怒りの声が相次ぐことに。

・トラウマになっちゃう 心配ですよ


・これは本当に介護が必要な人達や現場のヘルパーさんたちにとって甚だ迷惑な行為


・安月給でジジイに触られて、大変だな

次ページ
■「元気じゃん」との声も

あなたにオススメ