ゲームで「最高月収150万円」の椿彩奈 ネット配信で自宅バレした「特定班の恐怖」明かす

『有田哲平の夢なら醒めないで』で、ゲーム配信でブレーク中の椿彩奈が、ネット配信による恐怖体験を吐露した…

椿彩奈
(画像は椿彩奈 公式Twitterのスクリーンショット)

19日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)は「ネットで大成功女子SP」と題し、インターネット上で成功を収めた女性が集結。

その中で、ゲーム配信動画をきっかけに月収150万円を稼ぐようになったタレント・椿彩奈(34)が、ネットならではの恐怖体験を明かした。


 

■現在の最高月収は150万円

2008年、椿姫彩菜として雑誌『小悪魔ageha』のモデルとして活動。エッセイ『わたし、男子高出身です。』が11万部を突破、その年116本もテレビ出演を果たすなど人気を博した椿。

しかし、ピークが過ぎて仕事量は激減。大手事務所を退社しフリーになって「ゲーム配信動画」をスタートし、それをきっかけにネットのゲーム番組MCを年間100本以上こなすように。

同界隈で再ブレークを果たし、テレビ出演のピーク時より高い「最高月収150万円」を達成するなど大活躍している。


 

■ゲーム配信中の恐怖体験

そんな椿がゲーム配信中に起きた恐怖体験を明かす。

4年前、自宅からゲームのライブ配信をしていた椿。途中、自宅マンションそばを通り過ぎる電車の音が入ってしまったのだが、ある視聴者から「電車の音と間隔から察するに山手線の巣鴨と大塚の間」と指摘するコメントが。

さらに「巣鴨寄りの〇〇マンションかな?」とマンション名まで特定。「特定班・特定厨」の推理力に驚愕しながら、実際に「ほぼ近かった」と当時の恐怖を振り返る。

音だけでなく、後ろに映るマンションの間取りなどでも部屋を特定される危険があるため、「配信時は注意が必要」と苦言を呈した。

次ページ
■「久々に見た」視聴者は…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ