コミュ障デリヘル嬢が客との禁断の恋に…意外な幕切れに驚きの『フルーツ宅配便』

元AKB48演じるコミュ障デリヘル嬢が客とまさかの恋。退店劇は意外な結末へ。

フルーツ宅配便
((C)鈴木良雄・小学館/「フルーツ宅配便」製作委員会)

デリバリーヘルス、通称デリヘルを舞台とした前代未聞のドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)。

15日に放送された第6話では、コミュ障デリヘル嬢のレモン(北原里英)がフォーカスされた。


 

■『フルーツ宅配便』とは

フルーツ宅配便
(C)鈴木良雄・小学館/「フルーツ宅配便」製作委員会

本作は鈴木良雄氏による同名マンガの映像化作品。東京で勤めていた会社が倒産し、社宅も追い出され、行き場を失った冴えない主人公・咲田真一(濱田岳)が、ラーメン屋で謎の男・ミスジ(松尾スズキ)と再会し、彼がオーナーを務めるデリヘル「フルーツ宅配便」の雇われ店長となる……というストーリーだ。


 

■出勤1人の事態に

フルーツ宅配便
((C)鈴木良雄・小学館/「フルーツ宅配便」製作委員会)

フルーツ宅配便の一番人気みかん(徳永えり)がインフルエンザにかかり、イチゴ(山下リオ)も祖父の葬式でお店を休むことに。

他のデリヘル嬢も都合がつかず、コミュ障でいまだに客を取ることができないレモン(北原里英)しか出勤していない……という危機的状況に店は陥ってしまう。しかし、ミスジは咲田に「なんとかしろ!」と言うばかりで、全然当てにならない状況。

次ページ
■速攻でチェンジのレモン

この記事の画像(24枚)

あなたにオススメ