キャバクラで男性が酔いつぶれた…逮捕につながった「店長の行動」に非難と擁護

キャバクラで泥酔した男性客を路上に放置。男性はこの日3軒目で、朝10時まで飲んでいたという。

社会

2019/02/22 14:30

男
(serikbaib/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉を、誰しも一度は聞いたことがあるだろう。しかし、すべての人がそれを実行できるかと言うと、そんなことはない。

21日、酒に酔って死亡したキャバクラ店の客の男性(44)を路上に放置したとして、警視庁は当時店長だった男性(34)ら男2人を死体遺棄の疑いで逮捕したと発表。ネット上で注目を集めている。



 

■急性アルコール中毒で死亡の男性を…

報道によると、逮捕容疑は18年10月5日午前10時過ぎ。男が経営するキャバクラに、男性は朝7時頃に来店。この店の前にも2軒はしご酒していた。

そして10時頃、男性は急性アルコール中毒で死亡。それに対し、男らは遺体を路上まで運び出し、119番通報したという。

警察の取り調べに対し、男は「路上に置いたことは間違いないが、亡くなっていたという認識はない」と述べ、容疑を一部否認しているそうだ


関連記事:『ダウンタウンなう』GACKT、死んでもいいほど愛した彼女と別れた理由明かす

 

■非難の声

ネット上では、店長だった男性の行動を非難する声も。

・路上に放置するのは店としてダメでしょ


・店の印象を気にして、店外に出して119番したのでしょうが、明らかに救助意思はないし、だから逮捕されたのです


・店内で119番してソファに寝かせていたら救えた命かもしれないし、他人であっても人の命を守るって大切なことをもっともっと皆が考えなければならないと思う

次ページ
■擁護の声も