渡部建、明石家さんまと食事しない理由に騒然 「こだわりすぎ…」と厳しい声も

焼肉の食べ方をめぐって明石家さんまと渡部建が対立。どっちの食べ方が好き?

渡部建

20日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)にアンジャッシュの渡部建が出演。MCである明石家さんまと食事に行かない理由を語った。


 

■「一緒に行きたいと思わない」

番組では、食のこだわりについてトークする企画を放送。さんまは『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)打ち上げの食事会で「コイツ一切来ない」と渡部が参加しないことを明かす。

すると渡部は「ただただ肉を焼いて、焦がして、食べないでまだしゃべってるから『妖怪肉焦がし』って言われてるんですよ」と反論。グルメとして許せないのだろう「そんなの聞いたら一緒に行きたいと思わない」と語った。

また、焼肉を食べる際に「みんなとワイワイ食べたい派」「黙々と食べたい派」に分かれると、黙々食べたい派の渡部は「ワイワイ会話を優先してお肉を焦がすってことは絶対にしたくない。焼肉を食べに行ってる、おしゃべりに行ってるんじゃない」と熱弁する。


関連記事:『ダウンタウンなう』GACKT、死んでもいいほど愛した彼女と別れた理由明かす

 

■さんま「ロースカルビだけで5分くらい遊べる」

しかし、ワイワイ食べたい派のさんまは「『大好きなお肉と一緒におしゃべりをする』やないかい。ロースカルビだけで5分くらい遊べる」と真っ向から対立。渡部も「(肉を)おいしく食べられる時間ってすごく限られてる。ここを逃してまでワイワイしゃべりたくない」と一歩も譲らない。

そこへ、タレントの磯野貴理子が「『焦げてる〜』とか言うのも楽しい」とさんまに加勢すると、渡部は「生産者の気持ちとか考えたことありますか?」とヒートアップする。

最終的に、さんまが「食べたらええ。俺のトークに構わずに」と言うと、渡部は「いいですか? オチの前の大事なとこでも食べますよ」と返答し、「オチ前はやめてよ〜」と笑いを誘った。

次ページ
■「こだわりすぎ」「雑すぎ」と賛否

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ