セクキャバ・風俗は禁止なのに… 夫の信じられないウソに「気持ち悪い」と嘆く妻

妻一途の夫がまさかの「おっぱいパブ」に行っていたことが発覚。キャバクラや風俗は禁止なのに…。

キャバレー
(GF days/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「セクキャバや風俗禁止」をルールにしている夫婦は少なくないだろう。しかし、中には妻に隠れてルール違反をする夫も…。

このことについて、『Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。


 

■「セクキャバ・風俗」は禁止なのに…

投稿者の夫は、自他ともに認める妻一途な男性。仕事の付き合いでキャバクラに行くことはあっても、その場で投稿者の自慢をしているとし、風俗に誘われても「俺は断って飲んでる」と連絡してくるほどだという。

常に「妻一途アピール」をしていることから、投稿者は何も疑っていなかった。そのため、携帯やバッグなどもチェックしたことはなかったようだ。

そんなある日の夜中、夫は一緒に飲んだ友人を連れて帰ってきた。夫が寝たあとに友人と話していると、友人は「きょう『おっパブ』行ってきたんだけどさ!」と発言する。

まさかの発言に驚いた投稿者が話を聞いたところ、どうやらこれまで何度も行ったことがあるという。「セクキャバや風俗は禁止」が投稿者夫婦のルールだったため、怒りをあらわにする投稿者だが、友人は「おっパブぐらいで怒んなよ! お前のおっぱいがないからしょーがねーだろ!」と反論してきたという。


 

■「気持ち悪くて触れたくない」

ショックで頭が真っ白になった投稿者が翌日、夫に話を聞いたところ「うん、ごめんねー」と軽い返事が。投稿者はもともと夫とは性交渉をしたくないと考えており、求められたときだけ仕方なく応えていた。2人目の子供も欲しかったので頑張っていたという。

しかし、夫が他の女性とキスしたりや胸を触ったり…と思うと「気持ち悪くて触れたくない」と感じてしまったようだ。

子供がまだ幼いことから離婚する気はないようだが、今後の生活が不安のようで「どうやって結婚生活を送ればいいかわかりません…」と意見を求めた。

次ページ
■一途アピールは嘘だった?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ