ビートたけし、堀ちえみについてコメント 「俺がなったらファンはざまあみろと言う」

ビートたけしががん治療について自虐ネタも交えてコメント

ステージ4の舌がんを公表し、22日に手術を終えたことを報告した堀ちえみ。23日に放送されたTBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』でも取り上げられ、話題になっている。


 

■心配だと思ったら検査を

昨年、自身もがん治療を行っている毎日新聞・元村有希子氏は…

「告知を受けてたときのことを堀さんは書いていましたが、やっぱり『なんで私が』って思うんですよ。街を歩いててもすれ違う人が健康そうだと腹が立ったり悲しんだりするんですけど、最後はやっぱり自分が闘う以外ないと思い定めると逆に女は強い。


堀さんの場合は、お子さんたちが待ってるという気持ちがあるんで、『負けない』と力強いメッセージを書いてましたけど絶対に負けないと思う。心配だなと思ったらぜひ検査を受けてほしい」


と、経験を元に語った。

がん検診を受けているか尋ねられるとビートたけしは「血液検査は受けている。あれは注射器で血を採られるのが痛くて痛くて。前に行ったところは看護師さんが下手くそで5回くらい刺されて、『俺はカブトムシじゃねぇんだ』と思った」と話した。


 

■俺のファンはざまあみろと思う

安住アナが、ファンの皆さんと闘うということもあるんですねと発言すると、たけしは…

「俺がなったらファンは『ざまあみろ』って言うだろう。『まだいるよこの野郎、まだ生きようとしてるなこいつ、ざまあみやがれお前なんか』って。そうはいかないぞ、嫌がらせに生きてやるって言ってやる」


と、笑いを誘った。


■たけしの発言に賛否

ネットではたけしの発言に賛否が別れている。


■いつまでも活躍してほしいお笑い界の重鎮は?

しらべぇ編集部では独自に選んだ11人のうち、全国の20~60代の男女1,342名に「いつまでも活動してほしい重鎮芸人」は誰かを調査を実施。

ビートたけしは3位という結果に。超大物になりながらもボケる様子は、まさに「殿」そのもの。そんな彼の姿をいつまでも見ていたいのだろう。

自虐ネタで笑いを取りに行ったたけしだったが、もしも、病気になったときに「ざまあみろ」と思う人は意外と少ないのかもしれない。

・合わせて読みたい→菜々緒、「また事務所に怒られちゃう?」 入浴中の写真が刺激的すぎる…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)

あなたにオススメ