『イッテQ』みやぞん、ディレクターに前代未聞の提案 ネット「震えた…」

韓国でテコンドー演武に挑戦したみやぞん。「相手を信頼し、チームワークを良くするため」に彼が番組ディレクターに提案したこととは…

エンタメ

2019/02/25 11:30

24日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、ANZEN漫才のみやぞんが、韓国の国技・テコンドーに挑戦。

難しい技の特訓を続ける中、みやぞんの「スタッフへの斬新な提案」に、視聴者から絶賛の声が寄せられている。


 

■スタッフにバンド結成を提案

みやぞんは、テコンドーの演武部門で世界一の実力を誇るチームに加わり、空中で板を割る大技「ジャンプ回し蹴り」の習得を目指すことに。

持ち前のセンスで徐々にテコンドーのフォームを取得していくみやぞんだったが、自分を支える相手とのタイミングが合わず、蹴りに入る前のジャンプの段階で苦戦してしまう。

監督から「仲間を信じる」ことの重要性を教わったみやぞんは、番組ディレクターに「今回は本当に皆が1つにならないと無理ですって。ここ(スタッフ)が仲良くなって、皆で仲良くしないと…」と相談を持ちかけた。

そして、楽器の演奏経験のあるスタッフを確認すると「1回バンドやりましょう」と提案。「もうだから…メンバーって呼んでいい?」と持ちかけた。


 

■「SEKAI NO HATE(セカハテ)」結成

みやぞん
(画像はみやぞん公式Instagramのスクリーンショット)

途中、足を痛めてしまうアクシデントに見舞われたものの、テコンドーチームとの親睦も深まり、みやぞんはチャレンジ開始から12日目で課題の「ジャンプ回し蹴り」を成功させた。

さらに、空中宙返りをしながら板を割る大技までも披露。演舞終了後には大粒の涙を流し「皆が支えてくれた」と感極まってしまう場面も。

スタッフとも「SEKAI NO HATE(セカハテ)」というバンドを結成し、24日の放送内でオリジナル楽曲を披露。こちらも見事に有言実行を果たした。

次ページ
■絆の大切さと「みやぞんバンド」に大反響

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ