医師2人が女性に睡眠薬飲ませ性的暴行 「やり口があまりにも卑劣」と怒りの声

外科医と内科医の男が女性に大量の酒と睡眠薬を飲ませ、自宅で乱暴。準強制性交などの容疑で逮捕された。

オトナ

2019/03/01 06:00

医師
(juststock/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性に睡眠薬入りの酒を飲ませて乱暴したとして、27日、内科医の男(28)と研修医の男(26)が、準強制性交などの容疑で逮捕された。男たちの非道なやり口に、ネットからは怒りの声が相次いでいる。


 

■防犯カメラに酩酊の女性

2人は1月18日から19日にかけて、東京都目黒区のカラオケ店で、20歳代の女性に睡眠薬を混ぜた酒を飲ませて気を失わせたうえ、内科医の男宅に連れ込んで、性的暴行を加えた疑いが持たれている。

付近の防犯カメラの映像には、自力で歩けない状態の被害女性を男らが抱えて連れ込む様子などが確認されたという。また、カメラには被害を訴えた女性のほかに、もう1人別の女性も映っていて、同様の被害に遭ったとみられている。


関連記事:英国留学中・ウエンツ瑛士の現在に驚き 「おじさん感」「こっちのほうが…」

 

■市販されていない薬の使用

女性らは被害を受けたあと、19日朝にマンションから逃げ出し、警察に被害を訴えたそうだ。男2人と被害女性らは昨年8月に一度飲食しており、面識があったとされている。

また、使用された薬は市販されていないものとされ、警察は、病院から持ち出した疑いがあるとみて、入手経路を調べているという。2人は現在、「薬は飲ませていない」などと、容疑を一部否認しているとのことだ。

次ページ
■「立場を利用した悪質な犯行」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ