ないなら作ればいいじゃないか! 異性にモテる「ギャップ」の作り方とは

ギャップでモテよう! 良いギャップ・悪いギャップも発表、作り方も教えちゃいます!

コラム

2019/03/03 18:00

 

■~悪いギャップ編~

・誠実そうなのに、ギャンブルをする


・お母さんっぽい風貌なのに、一切料理ができない


・ポッチャリしているのに、少食


・イケメンなのに、服装がダサイ


つまり「ギャップ=自分の見た目と真逆にある意外性」だとわかって頂けたのではないでしょうか。そんな意外性は持ってない? ギャップはなければ作ればいいんです!

最後に「モテるギャップの作り方」を伝授して、今日の授業は終わり。


 

■モテるギャップの作り方

①自分のことをよく知る:まずは自分自身についてよく知ることが大切。「見た目」であったり、「雰囲気」や「性格」…周りに聞いてみてもOK。意外な自分の姿に気づくはず。


②「真逆のこと」は何なのかを考える:自分のことをよく知ったら、その真逆にあることを探します。例えば、友達に「しっかりしている人」と言われたら「隙のある人」というように、「いいイメージの真逆のこと」を考えるよう気を付けてください。


③いざ挑戦する:そのギャップが分かったら、いざ挑戦! 例えば「隙のある人」になりたい場合、たまにはLINEの返事を遅らせる・何か忘れ物をする・相手の話を聞き返してみる・たまには遅刻してみる…といったように、しっかり生きすぎないのも良い手だと思います。


※仕事でこんなことしたら怒られるので、あくまでプライベートで使ってくださいね。


これでアナタもギャップモテ! ギャップも、数字でできている。

・合わせて読みたい→杉村太蔵の「スマホ学校持ち込み反対論」を『サンジャポ』出演者が嘲笑い、批判殺到

(文/タレント・中村愛

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ