「人見知りは甘え」の風潮も 初対面でも積極的に話す人の割合に驚愕

初対面の人は、緊張するものだ。人見知りで、話しかけられない人ことも…。積極的に話す人は、どれほどいるのか?

人間関係

2019/03/03 19:00


 

■話すのも業務の一環

人見知りであっても、がんばって話しかけている人も。

「僕もかなりの人見知りだけれど、初対面の人にはむしろ気を遣って話しかけるタイプ。人見知りを発動して気まずい空気になるよりは、こちらががんばって沈黙を打破したほうがマシ」(20代・男性)


会社で話すのは、業務の一環だと考えている人も。

「会社の新人や中途採用などのまだ馴染めてない人には、こちらからがんばって話しかけるようにしている。自分がその人の立場だったら、かなり不安な気持ちになるから。


話しかけて和ませるのも、業務の一環だと思う。だから人見知りなりにも、がんばっている」(30代・男性)


関連記事:杉村太蔵の「スマホ学校持ち込み反対論」を『サンジャポ』出演者が嘲笑い、批判殺到

 

■何かに自信を持っていれば…

自分の容姿に自信がある人は、半数近くが積極的に話しかけると答えている。

初対面の人にでも積極的に話しかける傾向別グラフ

イケメンや美人である自信から、初対面でも話せるのかも。

「何か一つでも自信を持っていれば、初対面の相手にも引け目を感じずに積極的になれるんじゃないかな。ナンパなんて、名前さえわからない相手に話しかけるんだし。


劣等感ばかりの僕は、人見知りになるのも仕方ないでしょ」(20代・男性)


人見知りで悩んでいる人は少なくない。だからこそコミュニケーション能力のある人が、評価されやすいのだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)