もらい泣きする女性を批判する男性 「自分に酔っているだけでは?」の声も

泣いている人を見ると気持ちに共感して、もらい泣きする人がいる。一方でそんな感覚が、理解できない人も…。

人間関係

2019/03/03 13:00


 

■もらい泣きは異様な光景

もらい泣きしない人から見れば、理解できない感覚のようだ。

「昔、バイト先の女の子が集団で泣いていて、異様な光景に思えた。その子たちの友達に、なにかトラブルがあったらしい。でもそれって、みんなで泣くほどのこと?


心配する気持ちとかまではわかっても、そこまで感情移入するところがわからなくて。『共感して泣く自分に酔っているだけじゃない?』って、思ってしまった」(20代・男性)


関連記事:杉村太蔵の「スマホ学校持ち込み反対論」を『サンジャポ』出演者が嘲笑い、批判殺到

 

■恋愛体質の人はもらい泣きの達人

恋愛体質の人は、7割以上がもらい泣きを経験している。

もらい泣きをしたことがある傾向別グラフ

感情移入しやすい性格のために、すぐ相手を好きになってしまうようだ

「泣くことだけに限らず、すぐに感情移入する性格だから惚れっぽいのだと思う。もらい泣きしちゃうと、相手の男性も『そこまで思ってくれるとは!』と受け取るみたい。


お互いが大いなる勘違いをしたままに、交際が始まるのがいつものパターン。恋愛って、そんなものなんだろうけれど」(30代・女性)


どんなことであれ、気持ちをわかり合うのはうれしいことだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)