男性作家が提示した『女性が美しくなる12の方法』に批判相次ぐ 「冗談でしょ?」

作家でありモチベーションスピーカーのアレクサンダー・J・A・コルテスが自身のツイッターに掲載した「女性が美しくなる12の方法」が、様々な議論を巻き起こしている。

話題

2019/03/03 07:30

アレクサンダー・J・A・コルテス
(画像は Alexander J.A Cortesツイッターのスクリーンショット)

先週、作家でありモチベーションスピーカーのアレクサンダー・J・A・コルテスが自身のツイッターに掲載した「女性が美しくなる12の方法」が、様々な議論を巻き起こしている。


 

■「女性が美しくなるための12の方法」

そもそも「モチベーションスピーカーとはなんぞや」と気になるところではあるが、日本でいうところのメンタリストのような仕事のことらしい。

このコルテスが自身のツイッターに「このリストを見て怒るようであれば、その女性は性悪であり、一緒に子供など持ちたくない相手。ひどい母親になると分かる。男性のみんなは、目を見開いておくように」と提示したのが、「女性が美しくなるための12の方法」だ。

日本語で訳してみると…

・スリムであること


・料理ができること


・ロングヘアであること


・メイクをすること


・女性らしいこと


・上品であること


・セクシーであること


・除毛すること(言うまでもなく)


・おしゃれであること


・ピンクなど女性らしい色を身に着けること


・男性を愛すること


・男性の意見を聞くこと


関連記事:テレビから消えた「ふなっしー」の現在に衝撃 驚きの収入、活動内容は…

 

■「性癖並べただけ」「プロ彼女」

多くの媒体でも「男性に好かれる~」「モテる女になるための~」などの情報は溢れているし、人気コンテンツでもあるだろう。しかし、このリストには共感よりも嫌悪感を抱く人が多かったようだ。

ツイッターは拡散され「これこそ女性蔑視」「冗談でしょ? 冗談でもダメだけど」など、批判が相次ぎ大炎上となっているようだ。このニュースは日本でも話題になり、ネット上では同じように批判的な声が多く見られる。

「この時代にこれ書いちゃうかね。この人の性癖を並べただけやん」


「女性の美を語る以前に、アンタが賢くなる必要がある、とお伝えしたい」


「逆にこんな考えの男性の子供なんて欲しくないわ!」


「日本でいうところの『プロ彼女』ってやつじゃない?」

次ページ
■欧米で広がる「ボディポジティブ」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ