西川史子、遺産相続バトルで正当性主張の平尾勇気をバッサリ 「稼いで自分の金を使え」

作曲家・平尾昌晃氏の息子平尾勇気が登場。自身の正当性を主張するも…

エンタメ

2019/03/03 15:00

西川史子

3日放送の『サンデージャポン』(TBS系)に、2017年死去した作曲家・平尾昌晃さんの三男で歌手の平尾勇気が登場。60億円ともいわれる遺産相続を巡り平尾さんの後妻で事務所社長のM氏と「バトル」になっていることについて語った。


 

■平尾勇気が自身の正当性を主張

平尾勇気は遺産相続を巡って対立する平尾昌晃氏の後妻で事務所社長のM氏について、「昌晃氏が作曲した曲の著作権を独占しようとしている」と糾弾。そのうえで「曲を守りたい。兄弟3人を合わせた4人で管理できる体制にしたい」と訴える。

これについてサンジャポ出演者から厳しい声が続出。デーブ・スペクターは「遺言書に残されていないのであれば、諦めるとか線引きするべきでは」と指摘する。勇気いわく「遺言書はない」とのこと。

さらに杉村太蔵は「(年間)1億円の印税を巡る分捕り合戦に見えるんだけど…」と水を向ける。勇気は「そうじゃない。父の作り上げてきた音楽とか著作権を守りたい」と主張し、それを何度も繰り返した。

なお番組には勇気の兄で昌晃さんの次男もVTRに登場。同氏は「喧嘩は世間様を巻き込まないところでやってほしい」とコメント。同じ兄弟でも、遺産相続についての意識が異なっていることを伺わせた。


関連記事:『後妻業』七変化にうっとり 木村佳乃も「派手なんてもんじゃない」と苦笑

 

■西川史子が厳しいツッコミ

勇気の主張に終始不機嫌そうな表情を浮かべていたのが西川史子だ。平尾に対し「父の作り上げてきたものを守りたいなら記者会見を開くべきではない。お父さん草葉の陰で泣いてますよ」と厳しい一言。

さらに自身の正当性を主張する彼に対し、

「(作曲活動)それはお父さんがやったことじゃないですか。もう自分で稼いで自分の金を使えばいいのに」


と指摘する。すると太田光も

「それができるわけないじゃないですか、この状態で。才能が違うんだから」


と笑い飛ばした。

そして勇気は「相続税」という新曲を今月出したしたことを告白。出演者が呆れた顔を浮かべるなか、曲の正当性を語ると、田中裕二が「今日はありがとうございました」強制的に話を打ち切る。その後スタジオに彼の姿はなかった。

次ページ
■視聴者は西川の意見に賛同

あなたにオススメ