一緒に酒を飲んでいた父子が一転… 突然の「おぞましい暴行」に悲鳴相次ぐ

京都市西京区で酒を酌み交わしていた父子。息子が豹変し父をモップで殴るなどし暴行、その後死亡した。

社会

2019/03/05 11:00

乾杯
(taa22/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

京都市内の自宅で、酒を酌み交わしていた父子。しかし一転して、息子が父を暴行、その後死亡が確認される事態となった。異様な事件状況に、ネットからは悲鳴が相次いでいる。


 

■顔をモップで殴り、床に投げる

傷害の疑いで逮捕されたのは、同市西京区の会社員の男(41)。男は2日午前0時ころ、同居する父親(74)と一緒に酒を飲んでいたという。

すると男は、「ふざけた態度に腹が立った」という理由で、父親の顔面をモップの柄で殴ったり、胸ぐらをつかみ床に投げ飛ばしたりするなどの暴行を加えたそうだ。

同日午後3時ごろ、部屋の床で倒れているのを男が見つけ119番。心肺停止の状態で搬送され、まもなく死亡が確認されたとのことだ。


 

■「父親があまりにもかわいそう」

親子のあいだで起きたなんとも痛ましい事件に、ネットからは「つらい事件」「自分の子供に殺されるなんて…」と悲痛の声が多く上がっている。

「父親も子供も飲めて嬉しかったろうに…。こんな結末は悲しすぎる」


「一体なにがあったんだ。高齢の親を道具を使って暴行するなんて、最低すぎる」


「つらい事件だ。自分の子供に殺されるなんて思っても見なかっただろうに」


「これでは父親があまりにもかわいそう。救いがなさすぎる」


■6割以上「飲酒時に人間の本性が出る」

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,477名を対象に「お酒に酔ったときの姿に人間の本性が出ると思う」か調査したところ、「思う」と答えた人の割合は6割を超えた。

「喧嘩」という言葉では、片付けられないような結末となった今回の事件。一緒に酒を飲むくらいの関係性がある親子に、いったい何があったのだろうか。亡くなった父親のご冥福を祈りたい。

・合わせて読みたい→3歳長女に全治4週間の怪我を負わせた父親を逮捕 「卑劣すぎる」と批判が殺到

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の男女1477名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ