平野レミが「食材をおっ立てる理由」に衝撃 「かわいそうだと思って…」

「まるごとブロッコリー」「おったて鯛」など数々の伝説の料理を披露してきた平野レミ。ブロッコリーを立てる理由は…。

平野レミ
(画像は平野レミ公式Twitterのスクリーンショット)

3日放送の『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)に料理愛好家・平野レミが出演。もはや伝説になっている数々の「おっ立て料理」について、その理由を明かした。


 

■「ぱぱっとやっちゃう料理」

『きょうの料理』(NHK Eテレ)でブロッコリーを木に見立て、そのまま立てる「まるごとブロッコリー」という豪快で斬新な料理を披露し、ネット上で大反響を生んだ平野。その他にも、鯛やローストチキンまでを立たせるなど常識を覆してきた。

しかし、当の本人である平野は「バズったとかじゃなくて、私は無精で気短だからぱぱっとやっちゃう料理なの」と、反応を狙って作ったものではないと語る。


関連記事:ひな祭りの「おだいり様」「おひな様」って誰? チコちゃんが解説した誤解の理由に騒然

 

■「ブロッコリーが喜ぶように…」

伝説の「まるごとブロッコリー」については、「いつも小房に分けられちゃって、マヨネーズなんかでさっと食べられちゃってるから、それじゃかわいそうだと思って、ひとつブロッコリーをバチッと決めようと思ってブロッコリーが喜ぶように、一本でかいまんま(レンジで)チンして立たせてそこに美味しいソースかけたのよ」と語る。

また、塩焼きした鯛を立てて花を刺した「おったて鯛」についても、「魚っていつも寝転がってるでしょ。たまには魚も立たせてあげたほうがいいと思って…」と話す。ちなみに、花を添えた理由は「たまには花を添えないと鯛だってかわいそうだと思ったから」

しかし、平野の思惑とは裏腹に、生放送中に立てたブロッコリーが倒れてしまう。「そしたらさ、NHKだったから文句がきて大変だったのよ」と愚痴をこぼし、「立ってるものは倒れますからね、いつか」と平野節を交えて当時を振り返った。


■平野レミのような人が母親だったら楽しい?

放送を受け、ネット上では「発想がすごい」「トークが最高!」と称賛の声があがる。

確かな料理の腕前と、持ち前のポジティブさと豪快さが人気の平野。しらべぇ編集部が全国20〜60代の平野レミを知っている男女1,079名に意識調査を実施したところ、およそ4人に1人が「平野レミのような人が母親だと楽しいと思う」と回答している。

平野レミのような人が母親だと楽しいグラフ

斬新すぎる料理で数々の伝説を残していた平野。新たな伝説に期待したい。

・合わせて読みたい→柏木由紀、下半身ギリギリ写真に興奮の声 「パンツ見えてる」「ヤバい!」

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の平野レミを知っている男女1,029名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ