松本莉緒、ヨガのカリスマに転身 芸能活動休業の衝撃理由は「硫酸事件」「アラブの王族から」

『有田哲平の夢なら醒めないで』で女優・松本莉緒が現在の活動と過去の芸能活動休止の理由を語った…

松本莉緒
(画像は松本莉緒Instagramのスクリーンショット)

「松本恵」として11歳でデビュー、CMや人気ドラマに立て続けに出演しスターの仲間入りを果たした女優・松本莉緒(36)が、5日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に登場。

9年ぶりのトークバラエティ出演を果たした彼女が、芸能活動休止の真相、現在の活動などを明かし大きな話題を集めている。


 

■同番組出演は「しつこかったから」

中学卒業を機に突然の活動休止、19歳で松本莉緒として芸能界復帰。30歳の頃には『モテキ』ヒロイン役で再注目され、モデルとして雑誌の表紙なども飾った松本だが、この3年間で出演作はわずか1本と芸能活動をほとんどしていないことが明かされる。

テレビや舞台のオファーは途切れていないものの「全て断っている」松本。しかし、同番組は執拗にオファーを繰り返し、「あまりにしつこかったので…」出演を決意したと苦笑い。ほぼ初となるトークバラエティで赤裸々に過去と現在を語った。


 

■硫酸事件

中学卒業を機に「高校生になったら普通の生活に戻りたい」と芸能活動を休止した松本だが、「普通の生活には戻れなかった」と嘆く。

登校途中、男性から「何か」をかけられ、とっさに後ろを向き背中にそれを浴びてしまう。警察署に駆け込み、背中を確認すると紺色の制服が真っ白に変色、「硫酸?」と恐怖を覚えたことを告白。

その男性が自分のファンで、「頑張って応援していたのに、突然辞めていなくなったから…。怒りかも」と推測した。

次ページ
■アラブの王族に…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ