盗撮現場を目撃した2人組の男たち まさかの行動に「クズの極み」と非難相次ぐ

盗撮現場を目撃したふたりの男。盗撮犯に声をかけると、女性の関係者だと嘘をつき、「示談金を払えば警察に訴えない」と話して750万円を奪い取った。

社会

2019/03/06 14:30

駅
(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

盗撮は、ある意味とても身近な犯罪行為だ。スマホが普及した今、やろうと思えば簡単にできてしまう。

しかし、ときにその盗撮という行為が、新たな犯罪を招くこともあるようだ。駅で盗撮をした男性が2人組の男たちに恐喝され、現金750万円を脅し取られる事件が発生した。


 

■盗撮を目撃し、示談金を要求

報道によると、警視庁によって恐喝の疑いで逮捕されたのは東京都豊島区の無職の男(25)と、住所不定・職業不詳の男(24)の2人。

逮捕容疑は昨年6月26日。JR池袋駅構内で30代の男性が女性のスカート内を盗撮していた際、女性の関係者を名乗って声をかけ、「示談金を払えば警察に訴えない」などと発言。現金750万円を脅し取ったという。


関連記事:ひな祭りの「おだいり様」「おひな様」って誰? チコちゃんが解説した誤解の理由に騒然

 

■お金をおろさせるため埼玉まで

その際、男らは男性の自宅がある、埼玉県内までついて行き、現金をおろさせたという。なんという執念だろう。

なお、盗撮されていた女性とは面識がなかったという。つまり、美人局的な犯行ではなく、盗撮現場を目撃し、恐喝したようだ。

次ページ
■非難の声が相次ぐ

あなたにオススメ