「ぶっ殺してやる」と交番に現れた少年 直後の行動に恐怖の声

交番にお喋り、ナイフを警察官に突きつけたうえ、灯油のような液体を撒いた19歳の少年が逮捕された。

社会

2019/03/06 17:30

交番

交番は、なにか困ったときに駆け込むことができる場所。しかし、ときには騒動の舞台になることもある。

5日、名古屋市内にある交番にナイフを持った少年(19)が押し入り、灯油のような液体を撒き散らして逮捕された。


 

■警官にナイフを突きつける

報道によると、逮捕容疑は同日午後6時50分頃。少年は交番にやってくると、勤務中の署員2人に対して果物ナイフを向けながら、「お前ら、ぶっ殺してやる」などと発言。灯油とみられる液体を交番内に撒き散らしたという。署員はさすまたを使って少年を取り押さえ、公務執行妨害の疑いで逮捕した。

少年は手に持っていたナイフの他に、ズボンのポケットにももう一本隠し持っていたという。なお、取り調べには素直に応じているということだ。


 

■交番襲撃と言えば…

交番にいる警察官が狙われた事件と言えば昨年9月、宮城県の東仙台交番で起きた事件が思い出される。この事件では勤務中だった男性巡査長(33・警部補に2階級特進)が大学生の男(21)に刺されて死亡した。

直後、別の警察官によって男子大学生が射殺されたこともあり、動機は謎に包まれたままだ。


■「怖すぎる」の声相次ぐ

もし灯油に火をつけられていたら、より大きな事件になっていたかもしれない今回のケース。ネット上では、「怖すぎる」「警察官が無事で良かった」などの声が相次いでいる。

・未遂で終わったのが不幸中の幸い。殺されなくて本当によかった


・灯油まいたのか。怖すぎるな


・なんかこの頃交番が襲撃対象になってねーか?


・なにがしたかったんだろうな。わからないだけに怖すぎるわ


・交番に押し入って、何か出来るかと暴れるのがブームなんか?


はたして、少年にはどんな動機があったのか。捜査の進展を待つばかりだ。

・合わせて読みたい→弘中アナ、仲良くしてくれない相手を告白 「愚痴り方がかわいい」と話題に

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

あなたにオススメ