『水曜日のダウンタウン』キスドッキリ仕掛け人が「かわいすぎる」と話題 その正体は…

『水曜日のダウンタウン』で「自分の楽屋であってもキス現場目撃したらとりあえず謝っちゃう説」が検証された。

エンタメ

2019/03/07 18:20

6日放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信にドッキリを決行。インターネット上では、その仕掛け人の女性に注目が集まった。


 

■キスには嫉妬要素も追加

「自分の楽屋であってもキス現場目撃したらとりあえず謝っちゃう説」で、事務所の新人マネージャーの男女という設定で小宮にドッキリ。よりインパクトを出すために、「菅谷きく」と「増井陽太」の2人が、新人研修の名目で数日間小宮の仕事に同行する。

さらに本物のマネージャーから、菅谷が小宮のことが好きで事務所に就職したと伝え、キスに嫉妬要素も追加。実際に時間を共にして、小宮は本物の新人社員だと信じ込んだ様子だった。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■マネージャーの名前には秘密が

いよいよ説の検証を実施。ニセ番組で呼び出された小宮が楽屋に入ると、新人マネージャー2人のキス現場を目撃。小宮は「あっ、何やってんの?」と消え入るような声を出し、ゆっくりとドアを閉めてその場からフェードアウトした。

そして一度楽屋から出たあと、もう一度ドアを開けて楽屋の中へ。依然キスを続ける2人に「もしもーし」と呼びかける。それに気付いた2人がキスをやめると、「付き合ってんの? なんで? どうして? なんで?」と詰めだす小宮。

ネタばらしで、「菅谷きく」が「キス楽屋」、「増井陽太」が「また水曜」のアナグラムだったことが明かされると、小宮は「また水曜」と顔を歪めてうなだれた。

次ページ
■ネットでは「菅谷きくがかわいい」の声

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ