5歳息子の鎖骨を折った母親 痛ましい虐待方法に「酷すぎる…」と怒り

岐阜市で母親が息子の鎖骨を折る事件が発生。その虐待の方法に衝撃が走っている。

社会

2019/03/08 14:00

 

■「酷すぎる」と怒りの声

親が子に蹴ると言うこと自体がありえないが、ましてや鎖骨を折る威力のものなど論外だ。『Yahoo!ニュース』のコメント欄では怒りを露わにするコメントが多数寄せられていた。

「骨折するくらいの蹴りはすごい力で怖かった思う。心のケアも必要」


「子供の痛みを和らげてあげるべき親が、怪我させるとか酷すぎます」


「それにしても母親が骨折するまで蹴るとは…」


「怖くて痛かっただろうに。もし頭蹴られてたら命に関わってたと思う」


関連記事:ひな祭りの「おだいり様」「おひな様」って誰? チコちゃんが解説した誤解の理由に騒然

 

■親からの虐待経験者は…

しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,328名を対象に「虐待」について調査を実施したところ、全体でおよそ8人に1人が「両親から虐待を受けたことがある」と回答。

いかなる場合があろうとも子供への暴力・虐待は許されない。今回のような事件が再度起きないことを切に願う。

・合わせて読みたい→西内まりやが透けるインナーでセクシーショット 胸の谷間に「攻めてる」の声

(文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名(有効回答数)

あなたにオススメ