昼夜、炊き立てご飯を提供で人材確保 ユニークな福利厚生を打ち出す企業

人材不足と言われる昨今。人材獲得のため、ユニークな福利厚生が注目されている。

話題

2019/03/09 09:30

白米
(bennyartist/iStock/Thinkstock)

就職活動の際に、多くの人が重要視するであろう「福利厚生」。会社で働く上での「特典」ともいうべき大切な制度だ。数年前までは就職難が続き、福利厚生に文句など言っていられないという時代だったが、現在は逆に人材獲得が難しい企業もあるという。

そんな中、応募を増やすために個性的な福利厚生を実施する企業が増えてきた。


 

■炊き立てご飯をタダで確保

社会人の財布を地味に攻撃するものといったら、何を思い浮かべるだろうか。毎日欠かす事のできない、そして楽しみのひとつである「ランチ」ではないだろうか。

最近では、栄養や味を考えると、コンビニエンスストアでも500円以内では難しい場合があり、お弁当でも持参しない限り、満足なお昼と節約の両立は、なかなか難しい。特に、給料も少ない新入社員にとっては見過ごせない問題である。

ならば「ご飯の現物支給だ」と、大分県にある会社が斜め上の取り組みを実施した。会社で大型の炊飯器にご飯を炊いておき、昼食はもちろん、夕食のために持ち帰りも可能にしたという。昼も夜もタダでご飯を確保できるのである。

金銭的な嬉しさはもちろん、炊飯器で炊いた温かいご飯を会社で食べられるというのは、なかなか味わえない幸せではないだろうか。

関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

奨学金の肩代わりも

さらにこの会社では今春から、新入社員の希望者に毎月2万5000円を5年にわたって支給する「奨学金の肩代わり」もはじめるという。

目にみえて金銭的な負担を減らせる、実質的な内容が功を奏したのか、昨年には4人の採用に対して50人の応募があったという。

働くということは「やりがい」や「成長」も大切であるが、やはり「お金」を稼ぎ「生きていく」ということが大前提にある。そんな働く側の心をダイレクトに刺激した結果だったのではないだろうか。

次ページ
■個性豊かな福利厚生…嬉しいか負担か

あなたにオススメ