ギャル曽根の衝撃過去に平野ノラ大号泣 視聴者は「イイ話だけどノラで笑ってしまう」

『超問クイズ』で大食い女王・ギャル曽根の母が衝撃過去を明かし、平野ノラが大号泣した…

平野ノラ、ギャル曽根
(画像は平野ノラ 公式Instagramのスクリーンショット)

8日放送『超問クイズ』(日本テレビ系)で京都府舞鶴市の実家に帰省した大食い女王・ギャル曽根。母親が明かす衝撃過去に、同行していた平野ノラが大号泣する一幕が放送された。


 

■ギャル曽根、実家に帰る

実家のある京都府舞鶴市からクイズを出題していくギャル曽根。最後は実家を訪れ、小学校の先生をしている母親が近所で買ってきたコロッケをほお張りながら、思い出話が語られた。

幼い頃から大食いだったギャル曽根姉妹、「誰よりもたくさん食べたい」とお代わり競争を繰り広げる毎日だったが、母子家庭で決して裕福ではなかったため「できるだけカサ増ししていた」と母は当時の苦労を振り返っていく。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■ノラ大号泣

「お腹空いたって言わないよう、満足にご飯を食べられるように考えてくれていた」と涙を滲ませるギャル曽根。これにノラも感動の涙を零す。

母は「(経済状況から)離れ離れになるかどうかの瀬戸際だった。子供3人と一緒に暮らせるのが支え、しんどかったけど幸せで楽しかった」と語ると、ノラは誰よりも大号泣。

母の苦労も知らずにお代わり競争をしていた子供たちを思い出し、「よりによって3人ともメチャクチャ食うじゃん」と涙ながらにツッコんだ。

次ページ
■ギャル曽根とノラの反応に視聴者は?

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ