「ご祝儀が2万円だった友人」が結婚することに… いくら包むか悩む女性にネットは…

以前、結婚式で2万円しかご祝儀をくれなかった友人が結婚。2万でいいのか、それとも3万円を入れるべきなのか…。

(fpdress/iStock/Thinkstock)

結婚式はそれまでの人間関係を、色んな意味で見つめ直す機会。それほど仲良しだと思っていなかった相手が心から喜んでくれることもあれば、親友と思っていた相手が「おめでとう」と言ってくれないケースも存在する。

そして、ご祝儀をめぐって悩みが生まれることも。女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」のあるトピックが注目を集めている。


 

■ご祝儀が2万円だった友人が結婚

結婚式を挙げた際、友人のひとりがのご祝儀が2万円だったという投稿者。その人は結婚式の直前まで出席するかどうか連絡もくれず、催促したという経緯もあったため、2万円であることを知って「無理して出席してもらわなくても良かったのに」と感じたという。

そして時は流れ、今度はその友人が結婚することに。投稿者のもとにも招待が来たのだが、ご祝儀の金額についてどうすべきか悩んでいるという。そして、他のネットユーザーに対し、「皆さんならいくら包みますか?」と投げかけたのだった。


 

■2万派と3万派に分かれる

ご祝儀は一般的に、3万円を包むのが暗黙の了解とされる。しかし、前もって金額を通達されることもないため、学生や社会人経験の浅い人、および経済的に苦しい参加者が3万円以下になることもある。

だが、その相手に同じ額を返すかというのも、個々で判断がわかれる問題。ネット上では「2万派」と「3万派」が見られることに。

「めんどうくさいな。悪いと思っていないなら3万円出したら?」


「3万包みます。 お金でゴタゴタしたくないし、自分はきっちり払います」


「同じ金額つつむ。 御祝儀ってべつに基本3万なだけで決まってはないよ」


「3万円って書いて中身2万円にする」

次ページ
■「欠席」選ぶ人も

あなたにオススメ