須田亜香里、山口真帆を「悩みを抱え込みやすい子」と表現し物議 「運営擁護」と批判も

元AKB48の不適切投稿に端を発したNGT48前支配人今村氏の契約解除。須田亜香里の見解は

エンタメ

2019/03/10 15:00

須田亜香里

10日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、SKE48・須田亜香里が前NGT48支配人の今村悦朗氏がAKBグループを運営する「AKS」から契約を解除された騒動についてコメントした。


 

■事の発端は元AKB総支配人のツイート

事の発端は元AKB48総支配人が自身のTwitterアカウントに「色々聞いた(NGT山口真帆暴行事件)。みんなくだらない報道に惑わされないように」とのコメントとともに、今村氏と現AKB総支配人の3人が写る画像を投稿したこと。

これにネット民が「それなら真相を説明しろ」と激怒。さらに批判するツイートを被害者の山口真帆自身がリツートするなどして炎上。これを受けたAKSは今村氏を契約解除処分とし、現AKB支配人も退任させると発表した。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■今村氏の印象を語る

一連の経緯を見た須田亜香里。今村氏は以前SKE48の支配人を務めていたことがあるとのこと。同氏の印象について、

当時の印象ではありますけど、すごく包容力があってみんなのおじいちゃんみたいなおじいちゃんて、すごくなんかそれとか一人一人のメンバーのこととかしっかり見てくれて、割と相談とかもしやすい印象でしたね


とコメントした。

ただし連絡については、LINEを送っても既読がつかない状況で、現状は今回の報道で知ったのだという。

次ページ
■元AKB48の総支配人には批判

あなたにオススメ