『月曜から夜ふかし』フェフ姉さんの「傑作選」に爆笑する人続出 好感度の高さを証明

フェフ姉さん「初めまして傑作選」が面白すぎると話題に

エンタメ

2019/03/12 08:30

マツコ・デラックス

12日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で放送されたフェフ姉さんの「初めまして傑作選」が面白すぎると話題になっている。


 

■「フェフに行ってきて…」と喋る女性

『夜ふかし』とフェフ姉さんが衝撃の出会いを果たしたのは3年前。街頭でスタッフから「東京観光ですか?」と聞かれた女性が、「フェフに行ってきて。フェフ、フェフ、かつぜちゅ」と喋ったのだ。

さらに「いちじく」を「いちづく、いちづく」と連呼。この様子にマツコ・デラックスは大爆笑する。これがフェフ姉さんと番組の「初遭遇」だった。


関連記事:岩井志麻子、AI搭載の猫撃退システムを見事に騙す 「さすがヒョウを極めた女」と称賛

 

■『キリキリマイ』が大変なことに

次に番組はフェフ姉さんの「滑舌改善トレーニング」を取り上げる。専門家が「舌を使うようにしてほしい」と指摘し、意識して喋ろうとしたものの、残念ながら治る様子はなし。

とくに滑舌の悪さが顕著だったのが、ORANGE RANGEの『キリキリマイ』を歌うシーン。「ラップは喋るより言いやすい」という彼女は、少々東北訛りのようなイントネーションではあるものの、問題なく歌っていく。

ところがサビの「キリキリマイ」と連呼する部分では「しんじまえ、しんじまえ」と連呼。かなり物騒なラップになってしまったことは言うまでもない。

そしてフェフ姉さんが最も苦手としてワードとして紹介されたのが、「ガス」。テーブルに置かれたガスを順番に読み上げるのだが、「炭酸ガフ」「ヘリウムガフ」「ブタン(メタン)ガフ」「アスパラガフ」とたどたどしい発言になってしまった。

次ページ
■視聴者爆笑でトレンド入り

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ