HYDE、地元和歌山・市報の表紙に登場 ゲットするため問い合わせも殺到

和歌山市の広報紙で、ロックグループ「ラルク・アン・シエル」のボーカル・HYDEが登場し反響を呼んでいる。

エンタメ

2019/03/12 07:30

和歌山市の広報紙で、ロックグループ「ラルク・アン・シエル」のボーカル・HYDEが登場し反響を呼んでいる。



 

■地元ライブは応募殺到

今年1月29日、和歌山市にある「ビッグホエール」で、バースデーライブ『HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 黑ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA-』を開催したHYDE。

これまで冬の富良野で開催し、昨年はクリスマスのスペシャルライブとして幕張で開催していたライブだが、今年は自身の誕生日に初の地元でのライブだったようだ。

「僕が育った町で、成長したところをみてほしい」「おじいちゃん、おばあちゃんでも楽しんでもらえる。幅広い人に聞いてほしい」と語ったアコースティックライブは、応募が殺到したとか。


関連記事:X JAPANの解散を心配する声も… YOSHIKI、グループでの『紅白』不出場に言及

 

■和歌山市の「観光大使」就任

そのため、地元和歌山市内では29日と30日の2デイズと規模を拡大し、さらに全国の映画館でライブ生中継を実施し、大きな反響を呼んだ。

また、このライブ時に「和歌山市ふるさと観光大使」の委嘱状を受け取り、のちに自身のツイッターでも観光大使になったことを報告。この投稿には5万8千を超える「いいね」が集まっている。

次ページ
■HYDE効果に感動

この記事の画像(2枚)