娘夫婦の性行為に「気持ち悪い」と口を挟む母 切実な訴えに反響相次ぐ

避妊手術をしたところ、母親が「気持ち悪い」「まだするつもりなの?」などと、事あるごとに夫婦の営みに口を挟んでくるようになったんだとか。

 

■「気持ち悪い」「知識がないだけじゃ…」

この投稿に対し、他のネットユーザーからは非難の声が相次ぐことに。

「きっもちわるい親」


「それがなければ普通の親…? ゴメンだけど普通の親とは思えない感覚」


「申し訳ないけどすごく下品で気持ち悪いと思ってしまったそんなプライベートなことはたとえ親子であっても話さないよ普通」


しかし、一方では「避妊手術に対する知識がないだけでは」という声も。

「避妊目的で卵管結紮しようとしているのか? と、親世代だとびっくりするよ」


「でもさ、避妊目的でピル飲む人に対して似たようなこと言うガル民多いよね… ゴムもつけるけど100%じゃないからって言ってもどうせナマでやりたいだけでしょ? とか。主の親と何も変わらない人実は多いでしょ」


ピルに対して正しい理解がなく、「飲んでる=避妊具なしでしている」と勘違いする人がいるように、避妊手術に対して正しい認識ができていない人がいても、おかしくはないだろう。


 

■6分の1が「親が毒親」

「毒親では」との指摘も多く見られた今回の投稿。たしかに、夫婦の営みを「気持ち悪い」と言われてしまうと、どうしていいかわからなくなるだろう。

毒親_グラフ1

ちなみに、しらべぇ編集部の調査では、全体の16.2%が「毒親に育てられた」と回答。およそ6人に1人が当てはまった。


投稿者の母親が、性行為に対してどんな感情を抱いているのかは不明だが、事あるごとに言うほうが「執着してるのでは?」と思われそうだが……。

・合わせて読みたい→「ご祝儀が2万円だった友人」が結婚することに… いくら包むか悩む女性にネットは…

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年11月20日~2015年11月24日
対象:全国20代~60代の男女1371名(有効回答数)

あなたにオススメ