『ヒルナンデス』森三中・黒沢が生放送で倒れる 「完全に放送事故…」と騒然

『ヒルナンデス!』森三中・黒沢かずこが生放送中に倒れる…。ネットでは「放送事故」「心配」の声が相次いだ。

テレビ番組
(alfimimnill/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

11日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に森三中の黒沢かずこが生出演。企画中に倒れる場面があり、ネット上では心配の声が相次いでいる。


 

■「ぐるぐるバット」でまさかの展開に

番組では「フィギュアスケート選手はなぜ目が回らないのか」という疑問を生検証。黒沢は、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんとともに「ぐるぐるバット」に挑戦することに。

バットの柄を額に当てて勢いよく回り、「8…9…10」とカウントが終わると、黒沢はそのままフラフラと画面からフェードアウト。ゴンというぶつかる音が鳴り、スタジオから悲鳴が上がる。カメラが向かうと、黒沢は仰向けで倒れていた。


 

■スタジオが一瞬凍りつく

スタジオでは笑い声があがるものの、滝奈月アナは心配そうに黒沢のもとに駆け寄る。黒沢は「痛い…」とつぶやき、スタジオはシーンとした雰囲気に。共演者から「大丈夫?」「目、回っちゃった?」と声をかけられると、観覧客の女性を指差し、「パンツ白!」とボケて笑いを誘う。

そして、脚を引きずりながら元いた場所へと戻り、少しの間机に突っ伏した黒沢。その後、バイきんぐの小峠英二が倒れた黒沢をイジって笑いをとり、普段どおりの進行へと戻っていった。

次ページ
■「放送事故だよ…」「心配」の声

あなたにオススメ