Hカップグラドル・紺野栞、「胸を小さくする手術」を中居正広に相談し号泣

『中居くん決めて!』でHカップグラドル・紺野栞が自身の胸にまつわる悩みを告白した…

オトナ

2019/03/12 12:00

紺野栞

男性から熱視線をうけるグラビアアイドルにとって、胸の大きさは強力な武器になりがちだ。

11日深夜放送『中居くん決めて!』(TBS系)では、Hカップグラドル・紺野栞が「大きすぎる胸」についての悩みを吐露。胸を小さくする手術を受けるべきか、中居正広に相談した。


 

■グラドルのコンプレックス

中学生のころから大きくなってきた胸がコンプレックスだった紺野だが、20歳で芸能界デビューを果たすと、ファンからはその胸が求められるようになる。

デビュー時はFカップだったが成長を続け、現在はHカップになってしまったことを嘆く紺野。食事制限やジム通いなどで胸を小さくしようと努力しても「体重は減っても胸だけが残る」そうで問題は解決しない。

「胸の形が悪くなっているのがイヤ、美しく見えない」と悩みを吐露した。


関連記事:桑田真澄氏の次男・Matt、最新ビジュアルに騒然 「もはやCGにしか…」

 

■実生活での悩み

胸の大きさへのコンプレックスはそれだけではない。胸が邪魔で足元が見えず階段の上り下りが怖い、約2.5㎏もあるため重く肩こりが酷い、走ると「千切れるほど痛い」など実生活での悩みも尽きない。

そういったマイナス面も多いが、胸の大きさがファンから求められていることは承知しており、身体にメスを入れることへの恐怖もあると、胸を小さくする手術に踏み切れない紺野。

「全部なくしてしまいたい」のが本音だが、現在の活動もあるため元のFカップに戻すことで妥協し、中居にどうすべきか相談することを決意した。

次ページ
■中居の結論は…

あなたにオススメ