夜中に何度も起きてしまう「中途覚醒」 カフェイン中毒で悪循環も

朝までぐっすりと眠りたいのに、途中で何度も目が覚めてしまうことがある。中途覚醒のせいで、睡眠不足の人も多いのだ。

ライフ

2019/03/14 11:00

ねれない
(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

朝までしっかりと熟睡したいのに、途中で何度も目が覚めてしまう。このような症状は、中途覚醒と呼ばれる睡眠障害である。


 

■4人に1人が「夜中に何度も起きる」

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「睡眠について」の調査を実施。

夜中に何度も起きてしまうグラフ

「夜中に何度も起きてしまうほうだ」と答えた人は全体で25.4%と、4人に1人はいることが判明したのだ。


関連記事:野田市虐待、新たに発覚した「最悪の命令」に絶句 「人間のやることじゃない…」

 

■ストレスで中途覚醒

性年代別で見ると、女性は30代から40代が高い割合になっている。

夜中に何度も起きてしまう性年代別グラフ

中途覚醒の原因は、ストレスなどが考えられる。

「2時くらいに一度起きて、次に4時くらいに目が覚める。しっかりとした睡眠が取れていないために、いつも寝不足の状態に。仕事や職場の人間関係で、ストレスをためているのかな」(30代・女性)

次ページ
■加齢とともに睡眠の質が低下

この記事の画像(4枚)