土屋太鳳が「やめたいこと」を告白し話題に 「深い…」と称賛の声も

女優の土屋太鳳が14日、ブログとインスタグラムを更新。映画の吹替声優として感じたコンプレックスを暴露。

エンタメ

2019/03/14 20:00

土屋太鳳

女優の土屋太鳳が、14日、ブログとインスタグラムを更新。仕事上の自身のコンプレックスを明かし、それでも「挑戦したい」と現在の思いを綴った。


 

■「怖がるのはやめよう」

12日、映画『バンブルビー』のジャパンプレミアで日本語吹替声優として登壇した土屋。その際に英語でのスピーチを披露したそうなのだが、思うところがあったようで、以下のようにブログで綴った。

「英語は好きですし勉強したいと思っているけれど、その気持ちを生かしたり実行することは、なかなか出来てません。願いに届かない時は、時間が進めば進むほどコンプレックスが大きくなる」


と、英語へのコンプレックスを明かした土屋。そうした気持ちを内に秘めながらも、監督やキャストのスピーチやインタビューを聞くなかで、気づいたことがあったそうだ。

「出来ることからでいいし自分のペースでいいから、やることをあきらめたり、挑戦するのを怖がるのはやめよう。気にしすぎることで委縮したり、自分が自分でなくなることもやめよう」


と、小さな一歩がいかに重要かを説く土屋だった。


 

■すぐに実行できなくても…

一方で、すぐに実践できる人ばかりではない。土屋自身もそのことには気づいているようで、「とはいえ、そう思ってもすぐには実行できないけれど、過去を乗り越えることに挑戦しようと、思うことが出来ました」と自身を奮い立たせた。さらに、

「声の演技に限らず、仕事をすると限界や力不足を感じることも多いけれど、乗り越えようとすることを少しずつでも続けたいと思います」


と、前向きな姿勢を示し、文章の最後に英語で『バンブルビー』への熱い想いを語り、締めくくった。

次ページ
■「見習いたい」と称賛相次ぐ

あなたにオススメ