滝沢カレン、舞台脚本に挑戦 「6歳児がフルマラソン走るくらいの奇跡」と話題に

独特な言語表現で知られる滝沢カレンが舞台の脚本・演出に挑戦することを明かし、話題に。

エンタメ

2019/03/14 14:45

 

■「滝沢カレン語」舞台に期待

このお知らせに対し、ファンからは以下のような反響が。

「脚本もやられるんですよね。みんな滝沢カレン語で台詞を言うんですよね? めっちゃ見たいやーん!」


「おお! 脚本や監督もされるとは素晴らしい~」


「6歳児がフルマラソン走らされるくらい奇跡的なことだと感じてます。良い意味で」


「どんな舞台なんだろうね、これがうけたら脚本、演出ができる新しい路線でいけますね~」


「えっ、ドッキリじゃないよね?笑」


「とてもとても前衛的な作品になりそう」


独特な言語表現が織りなす前衛的な作風に期待する人もいれば、「登場人物全員滝沢カレン語」になって、良い意味でアウトな内容になってしまうのでは……と、想像する人の姿も。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■横澤夏子も出演

なお、申し込みは3月17日いっぱいまで。横澤夏子ら豪華出演者に期待しつつ、気になる人は応募してみてはいかがだろうか。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美