『水曜日のダウンタウン』三四郎・小宮のVTR大幅カットに騒然 「何かあったんじゃ…」

三四郎の小宮浩信が『水曜日のダウンタウン』に出演。検証VTRの大幅カットに、インターネット上が騒然としている。

13日放送のバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、「『いい意味で』をつければどんな悪口でも怒られない」説を検証。お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信出演VTRが大幅カットされており、視聴者からは疑問の声が上がっている。


 

■いい気持ちはしない

最初に検証を行ったのは、さらば青春の光・森田。クワバタオハラ・くわばたりえ相手に「全然面白くない」という悪口ワードを言い、「いい意味で」で無効化できるかが試された。

森田はニセ番組の台本を開きながら、「街ブラとかはやります?」とまずは様子見。くわばたは「全然。バラエティも今全然出てないもん」と、出産後の仕事が育児番組ばかりになってしまったと漏らす。

森田はその流れで「何ていうんですか…。その、いい意味で面白くないというか…」と検証キーワードを放り込むと、くわばたは「どういうこと?」と終始怒りを抑えているようだった。ネタばらしされると、「『いい意味で』って言われてもいい気持ちしませんよ」と話した。


関連記事:野田市虐待、新たに発覚した「最悪の命令」に絶句 「人間のやることじゃない…」

 

■「お荷物」を無効化できるのか

続いて、小宮が安田大サーカスの団長相手に「お荷物」という悪口で検証することに。クロちゃんとHIROの仕事が順調であると前振りを行い、「お荷物的な感じか」と団長にぼそり。

「お荷物?」と団長が反応したところで、「いい意味で」と遅れて付け加える。団長はあくまでも優しく、「『お荷物的』は大体悪い意味やで」と確認。

小宮が動揺しながら「褒めてる感じなんで…」と続けると、「『お荷物』って褒められたんが初めてやから、どうしていいんかが分からへん」と団長は納得していない様子を見せる。そしてそのまま、「怒りはしなかった」とナレーションが入りVTRは終了した。

次ページ
■視聴者からは疑問の声も

あなたにオススメ