ピエール瀧容疑者出演『麻雀放浪記』公開へ ベッキーに注目が集まるワケとは

ピエール瀧容疑者出演の映画『麻雀放浪記2020』が、予定通り公開される方向であると報じられた。

エンタメ

2019/03/15 17:30

ベッキー

麻薬取締法違反で逮捕された「電気グルーヴ」のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が出演する映画『麻雀放浪記2020』が、予定通り来月5日に公開する方向であると報じられた。


 

■観客の判断にゆだねる方向

斎藤工を主演に迎え、『孤狼の血』などで知られる白石和彌監督がメガホンをとった本作。瀧容疑者は戦争によって東京五輪が中止になった2020年の五輪組織委員会の元会長を演じている。

物語の中で重要な役どころであるため、編集でカットはできず、公開まで1ヶ月を切った段階で再撮影も不可能なため、配給の東映など製作委員会で対応を協議。結果、有料コンテンツとして、観客の判断にゆだねる方向になったようだ。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■ネットでは喜びの声が続出

映画が公開される方向であることを受け、ツイッターでは「よくやった」と喜びの声が上がっている。

次ページ
■ベッキーのボディライン露わに

あなたにオススメ