松本人志、ピエール瀧のコカイン使用に「ドーピング作品になるからダメ」「女性暴行と別問題」

松本人志が、薬物使用はある種のドーピングであるとの持論を展開。

松本人志

17日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、12日にコカイン使用の疑いで逮捕されたピエール瀧の問題が取り上げられた。


画像をもっと見る

 

■松本「ドーピング作品になってしまう」

松本人志は、映画監督としての目線で役者のコカイン使用に対する持論を語る。

「映画監督として、作品の公開前に主演級の役者が薬物で捕まったとして、ぼくは『薬物を使ってあの素晴らしい演技をやっていたのかも』と思ったら、それはある種のドーピングなんですよ。


ドーピング作品になってしまうので、ぼくは監督として公開してほしくない」


これに他の出演者も納得の空気を醸し出す。松本の持論展開は止まらない。

「本当にちょい役のひとが薬物使用をしていたとしても、そこまで言うのか。それは難しい。分かれるとこなんですけど。作品に罪は無い、罪があるということになると、ぼくは場合によっちゃあると思う。


レコーディングのときにそういうのを吸ってて、すごくいいもんができたんやとしたら、これはぼくはドーピングやと思うので、ダメだなと思います」


薬物使用をしてのクリエイティブは、その人自身の力ではない。ズルであると松本は考えているようだ。

「ただ役者さんの女性問題の暴行みたいなんは、あれはドーピングではない。被害者との問題になってくるんで、全然別問題ですけど」


東野幸治が、「女性問題に関しては、被害者との間で解決していれば問題はないとの考えですね」と解説を付け加えた。


関連記事:みやぞん、24時間マラソンのカラクリ明かし騒然 「あれは上手くできてる…」

 

■「ドーピング作品ダメ」に共感

松本の「作品にケチがつく」という監督目線からの『役者の薬物使用は絶対ダメ』な意見に対して、納得する視聴者の声は大きい。

次ページ
■「女性暴行の問題とは別」に賛否も

この記事の画像(4枚)