「いろんなエッチに興味あった」 AVマニアの新人セクシー女優・伊賀まこが赤裸々にデビュー語る

19日にS1からデビューする新人セクシー女優・伊賀まこちゃん。初撮影の感想を聞くため突撃インタビューを実施した。

伊賀まこ

圧倒的なルックスを持つ美女のみが集まる、トップAVメーカー「S1」。しらべぇでは引退発表した吉沢明歩ちゃんをはじめとし、架乃ゆらちゃん乃木蛍ちゃんなどにインタビューを実施したが、やはり全員が並並ならぬ美しさ・かわいらしさであった。

そんな業界の中でもハードルの高いメーカーから、19日よりデビューすることが決定した美女がいる。その名前は、伊賀まこちゃん。彼女がどのような経緯でAVの世界に足を踏み入れることになったのか、本人に迫った。


 

■伊賀市出身かと思いきや…

伊賀まこ

インタビューをするにあたり彼女のSNSを拝見。すると、写真と「人差し指を立てた絵文字」「ニンニンの文字」がセットになった投稿がちらほら。

なにやら忍者を意識しているようだが、偶然にも彼女の苗字「伊賀」も忍者で有名な地。となると三重県「伊賀市」出身ということだろう、尋ねてみると「いえ違います」と即答だった。

伊賀:三重じゃないんですよ(笑)。『バジリスク』という伊賀と甲賀の忍者が戦うアニメがあるんですけど、そこから取りました。「まこ」のほうは私の好きな『パシフィック・リム』という映画のまこちゃんっていすごい強い女の子に憧れて。


話によるとアニメや映画のほかにも、様々なジャンルを嗜んでいるのだとか。実際に彼女のプロフィールの趣味の欄には「舞台鑑賞」とある。

伊賀:元々オタクなので、結構そういうのは好きなんです。2.5次元、ゲーム、アニメ、舞台は特に好きかも。プロフィール決める時は『刀剣乱舞』っていうアニメの舞台が熱かったので、そう書きましたね(笑)。


本当に典型的なオタクで、言うなら初体験も遅かったんですよね。本当に…嘘なしで19歳よりの18歳なんですよ。


 

■AV好きが高じてデビューに

伊賀まこ

もともとAVには興味があったと語るまこちゃん。作品のパッケージにも「見た目からは想像できないAV大好き娘」の文字が並ぶ。

伊賀:いろんな作品を見てますし、シリーズ物とかに出るんだったら前もってオススメの子の作品を見たりしてますね。この仕事をやる前は純粋に見るのが好きで、いまは仕事目的で見てるって感じかな(笑)。


そういった知識はあったけど、リアルでは本当にノーマルなプレイしかしてこなくて。いろんなエッチなことに興味があったんですよ。


AVでそれを経験をしたくてデビューしたっていうのが正直なところですね…。そしたら、やっぱりコスプレだったり複数人であったりとか非現実的なことを経験できました。


とはいえ、興味があっても実際にその一歩を踏み出すのは勇気がいること。抵抗感などはなかったのだろうか。

伊賀:抵抗というよりはむしろ憧れです。だって、いまセクシー女優になりたくて、でもなれないっていう人もいっぱいいるから。だから、なれて嬉しいっていうのが一番大きいですね。

次ページ
■撮影前の秘話も

この記事の画像(12枚)

あなたにオススメ