石橋貴明、純烈「暴行騒動」を過激イジリ 「殴られるから近づかないほうがいい」

『石橋貴明のたいむとんねる』で暴行騒動で世間の注目を集めた純烈を、とんねるず・石橋貴明がイジリまくった…

エンタメ

2019/03/19 17:30

(Sunshine Seeds/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

18日放送『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)に、『紅白歌合戦』にも出場した男性歌謡コーラスグループ・純烈が登場。

とんねるず・石橋貴明が、世間を騒がせた同グループメンバー・友井雄亮の「暴行騒動」を激しくイジリ、大きな反響が起きている。



 

■銭湯企画に純烈登場

この日の放送は、石橋と千鳥で「勝手に語り継ぎたい」銭湯を巡る人気企画の第2弾。進化する銭湯サービスを堪能しつつ、裸の付き合いで3人が仲を深めていく。

池袋の銭湯を満喫したのち世田谷の天然温泉施設に移動、入り口に到着した一同の耳に純烈の歌声が響き渡る。銭湯アイドルとして、熱狂的ファン達の前でショーをする純烈の姿がそこにはあった。

「今話題の」と騒然とする一同。石橋は「あんまり近づかないほうがいいよ。殴られちゃうから」と早速騒動をイジリはじめる。


関連記事:元巨人・桑田真澄氏の次男Matt、最新メイクに衝撃 「人間離れしてる…」

 

■石橋の純烈イジリ

「涙涙の再起」と石橋。元々は6人組だった純烈のメンバーが脱退していった経緯をその口で説明していく。

「最初は6人だったけど、2016年にご両親の介護で1人脱退し5人になった時も涙。5人で頑張って紅白で…それでコレ」と手錠をかけられるジェスチャーをすると、純烈含めて周囲が慌てて制止する。大悟は「コレ(逮捕)ではない、コレ手前」と窘めた。

ヒートアップしてきた石橋は止まらない。「ご迷惑を掛けまして」と謝罪会見のモノマネを連発すると「まだそこイジルところじゃない」と大悟のツッコミが飛んだ。

次ページ
■遠慮ないイジリに視聴者は…

この記事の画像(1枚)