『ヒルナンデス』神田うの「顔」が原因でコーデバトル敗北? 「悔しい…」

吉田沙保里さんとのコーデバトルに破れた神田うの。ファッションプロデューサー・植松晃士が指摘した「敗因」に、衝撃が走っている…

神田うの
(画像は神田うの公式Instagramのスクリーンショット)

19日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の人気企画「格安コーデバトル」に、モデルの神田うのが出演。

今年1月に現役引退を表明した女子レスリング・吉田沙保里さんと対決するも、「まさかの理由」で敗北してしまった。


 

■神田「表参道は庭です」

制限時間内に設定金額の範囲でテーマに沿った全身コーデを完成させ、どちらがよりオシャレな着こなしができるかを競う同企画。

神田は、モデル・前田典子と「表参道テラスでランチ女子会」というテーマで、モデル・滝沢カレンと吉田さんコンビとの対決に挑んだ。

テーマにちなんで「表参道へは行かれますか?」と聞かれた神田は、「表参道は庭です」とセレブぶりをアピール。女子会でのランチについては「パニーニを頼んで、私はもうお昼からシャンパン頼んじゃう」「朝からのときも…朝シャン!」とセレブギャグも披露した。


 

■吉田さんが勝利、敗因は「顔」?

英字のトレーナーにアニマル柄のスカート、肩掛けニットを合わせた春らしいコーディネートを完成させた神田だったが、今回は吉田さんに軍配。

植松晃士は、神田の敗因について「技ありですごくコーディネートが上手」としつつ…

「今のヘアメイクの…お顔と髪の感じだと、ドレスでもいいくらい。(英字プリントに)ラインストーンでも入っていれば、お顔と調和が取れるのかなって」


と、服に対して華やかなヘアメイクがアンバランスだったと解説。神田は「悔しい」「自分の顔のこと忘れてた」と笑いを誘っていた。

次ページ
■視聴者「セレブすぎて…」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ