深キョンと横浜流星、東大の教室で公開キス 「恥ずかしい」「笑ってしまう」と困惑の声も

深キョン先生を巡るラブバトルの勝者は…? 『初めて恋した日に読む話』の最終話に反響が相次ぐ。

エンタメ

2019/03/20 14:00

 

■喜びの声が相次ぐ

この嬉しい報告に視聴者からも喜びの声が。

合格したゆりゆりは深キョン先生のもとへ。再び告白をするも、順子は「雅志と結婚する」と嘘をついてゆりゆりに別れを告げる。ショックを受けるゆりゆり。

一方で振られた挙句、順子にいいように利用されている雅志は本当に不憫すぎる。この事実を知った雅志もさすがにブチギレだ。こうして順子は雅志と距離を置くようになり、ゆりゆりとも連絡をとらなくなった。


関連記事:中村倫也が深キョンに「胸を揉んだ続き」を… 激しいイケメン対決に悶絶の声

 

■大人な深キョン

そんな折、山下(中村倫也)はゆりゆりが順子と雅志が結婚すると勘違いしていると知る。東大生になったゆりゆりに電話をした彼は、「何してんだ」と喝。順子は結婚しないことを告げる。

真実を知ったゆりゆりは走って順子の元へ。再び告白をするが順子は彼の将来を考えて、涙を流しながら断る。未来があり、今から変わっていくべき青年が自分のようなアラサーと一緒になってはいけないと考えたからだ。

前クール放送されていたドラマ『中学聖日記』の有村架純演じる中学生教師とは違い、本当に生徒のことを考えている。深キョン先生の、生徒のことを思ったうえでの大人の選択だった。

次ページ
■東大の講義室で

あなたにオススメ