後藤真希、夫のDVは本当だった? 「不倫相手とのLINEの内容」に騒然

後藤真希が、夫から酷いDVを受けていたことを示唆する不倫相手の男性とのLINEのやりとりが公開され、謝罪文とは食い違う内容に再び衝撃が走っている

後藤真希

元モーニング娘。の後藤真希が、元交際相手の男性との不倫が発覚し、夫が損害賠償を求める民事訴訟を起こしていることを『週刊文春』が報道した問題。

19日、『文春オンライン』が不倫相手と後藤の2ショット写真やLINEでのやりとりなど新たな証拠を公開し、その内容が波紋を広げている。


 

■「DVの相談を受けていました」

後藤は、13日更新のブログで元交際相手の男性と不倫関係にあったことを認め、夫からDVを受けていたとする報道については否定していた。

しかし、記事によれば不倫相手の男性は「真希さんから、夫の酷すぎるDVの相談を受けていました」「彼女は毎日苦しみ、離婚の話をしていた」と話しているという。


 

■助けを求める後藤からのLINE

また、記事には後藤が夫からDVを受けていたことを示唆する男性とのLINEのやりとりも公開されている。

後藤から「また泣けてきた」「たすけて」と男性に助けを求めるメッセージが送られてくると、心配した男性は「たすけるよ」「かならず」「俺が幸せにしますから」と返信。

このような後藤からのSOSを受け、男性は彼女を救けたいという一心から東京へ向かったという。

次ページ
■「もしDVが本当なら…」厳しい指摘も

あなたにオススメ