山崎育三郎、「一生の宝」と語るイチロー選手との想い出 「運命感じた」とファン感涙

俳優の山崎育三郎が自身のインスタで、イチロー選手の引退について言及。野球少年だった彼にとって「一生の宝物」になった経験とは。

山崎育三郎

俳優の山崎育三郎(33)が22日に自身のインスタを更新。21日に現役引退を発表したイチロー選手への想いを綴り、注目を集めている。


 

■オリックス時代のカードを添えて

「イチロー選手の引退が発表されました。色々な想いが込み上げてきます」との文言で投稿を始めた山崎。小学校時代から大切にしているという、オリックスバファローズ時代のイチロー選手のカードの写真を添えての投稿だ。

野球少年だった山崎にとって、イチロー選手は「ずっとヒーロー」だったそうで、「沢山の夢と希望を貰いました」とコメント。

そして、イチロー選手が引退を発表する前日に行なわれた開幕戦に話題は移り、「イチロー選手が引退される前、最後の国歌独唱をやらせて頂いた事は、一生の宝です」と万感の想いを綴った。


 

■現役最後の「国歌斉唱」に

当日の投稿では、山崎は「5万人の歓声と拍手に感動し、心から震え、一生忘れることの出来ない時間となりました」と述べている。

多くのミュージカルに出演し、拍手や黄色い声援を受けてきたであろう山崎だが、元野球少年として、そして敬愛するイチロー選手の前での国歌斉唱は、特別なものだったのだろう。

次ページ
■「幸せな巡り合わせ」「運命を感じた」

あなたにオススメ