付き合った相手のフルネーム 恋多き人も少ない人も忘れてしまう理由とは

元恋人との楽しかった思い出もだんだんと薄れ、最後にはフルネームまでも忘れてしまうかもしれない。

男女

2019/03/23 11:00

 

■相手が多すぎて覚えていない

一方で恋愛経験が豊富な女性は、相手が多すぎて覚えていないようだ。

「私は恋愛体質のほうなので、若い頃には別れては付き合うを繰り返してきた。ものすごい短い人もいて、そんな人は名前どころか顔もはっきりと思い出せない。


きっとフルネームを覚えている人は本気だった人で、忘れている人はその程度の人だってこと。実際に、寂しさを埋めるために付き合ったことがあるし…」(30代・女性)


関連記事:交際相手とのトラブルで身の危険を感じた経験は? 意外にも若い男性で目立つ傾向も

 

■Facebookで元カノを検索する男性

昔付き合った人の名前を、SNSで検索したことのある人も多いだろう。

「過去に付き合った女性の名前が急に頭に浮かんだときには、Facebookで検索してしまう。ストーカーみたいな気持ちではなく、あくまでも今どうしているのかという好奇心から。


結婚して子供も大きくなっているのとか見つけたら、なんだか安心した気持ちになる。旧姓を入力していない人は見つけられないけど」(40代・男性)


すでに自分の人生と関係ない人なので、忘れてしまうのも仕方ないのかも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代交際経験のある男女1,283名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ