ダブル不倫中の48歳女性 彼から誘われなくなった末に選んだ行動は…

ダブル不倫の中の女性が、相手との悩みを告白。徐々に連絡がとれなくなり…

(TakakoWatanabe/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

家庭がありながら違う相手と枕を交わす不倫関係。禁断の恋にのめり込む人も多い印象だが、その終わりはあっけないものなのかもしれない。

『Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。


 

■ダブル不倫の相手が消極的に

投稿者は48歳の女性は、同い年の男性と現在ダブル不倫中。関係を持ち始めた当初は2週に一度デートに行き、ときにホテルに行くなどとても楽しい日々を過ごしていた。

しかし、交際から1年ほど経った頃になると、彼からの連絡頻度は少なくなり、月に一度会うかどうかになってきた。ホテルも彼からは誘われなくなっていったという。

彼の行動に疑問をもった投稿者は、彼に対して「抱きたくないならなぜ連絡を断たないのでしょうか」との思いを抱くようになってしまった。


関連記事:浮気常習犯だった彼女とついに婚約 そこで知った「衝撃の秘密」に言葉を失う

 

■寂しさを埋めるように別の男性と…

そんなことがあり、投稿者は彼に誘われなくなってからは、その寂しさを埋めるように別の男性と付き合い始めたよう。

しかし、心から愛しているのは連絡をとらなくなった彼だという。「セックスレスな不倫などあるんでしょうか」「彼はめんどくさがりなズルい男性なんでしょうか」と悩んでいるようだ。

そして、ユーザーたちに「私を愛してるといいますが1か月以上も会えなくて平気なんてないと思いませんか」と訴えた。

次ページ
■ユーザーからはさまざまな意見が