中学生男子の下着姿を撮影した副校長 校内で起きた「わいせつな一時」に唖然

中学生男子を下着姿にさせ、デジタルカメラで撮影したとして都内区立中学生の副校長(51)が懲戒免職処分に。校内で起きた「わいせつな一時」に唖然。

社会

2019/03/23 07:00

男子
(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

教師は勉強だけでなく、人としての姿勢や生き方を教える仕事。ゆえに、高い倫理観と人間性が求められるが、なかには自ら法を犯してしまう人も。

20日、勤務先の区立中学校で男子生徒の下着姿を撮影したとして、東京都教育委員会が男性副校長(51)を懲戒免職処分とし、ネット上で注目を集めている。


 

■デジカメで下着姿を撮影

報道によると、問題の行動が起きたのは平成29年6月。男性副校長は、当時勤務していた学校の一室に男子生徒を呼び出すと、衣服を脱がせて下着姿にさせ、カメラで撮影したという。また、同年の9月には同じ生徒と、顔を寄せて抱き合う動画を撮影したそうだ。

ちなみに、この副校長は昨年11月、児童福祉法違反の疑いで警視庁に逮捕され、起訴猶予になっていた。


 

■「学校の中で……」と唖然

この報道に対し、ネット上では「学校の中でやったのか」「何と言えばいいのか」など、言葉を失う人が相次いだ。

「教育者のやることではないよね」


「女子生徒であろうと男子生徒であろうと、こういう行動は決して許されない」


「学校の中でやってたのか……大丈夫か?」


「何と言えばいいのか、言葉を失う」


「学校でやんなよ」


「ほとんどの先生が誠実に頑張っているのに、こういうのが出るばっかりに全体が叩かれるのはやるせないな」


たしかに校内で下着撮影会を行なうというのは、教師としてあり得ない行動だ。


■おかしな教師が増えている?

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,338名に「昨今の教師」について調査を実施。その結果、63.9%が「おかしい教師が増えていると思う」と回答した。

年代別でみると、上の世代ほど「おかしい教師が増えている」と感じているようだ。

今回のような信じられない事件が起こることで、教師全体の信頼感が下がるのは悲しいことだ。すべての教師が教師としての自覚を持ち、真面目に仕事と向き合ってくれることを願いたい。

・合わせて読みたい→少年少女ら6人死亡の奈良バイク事故 「その後の展開」に驚きの声も

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1348名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ