再ブームは本当か? 若者がカセットテープで音楽を聴くようになった経緯とは

音楽配信など便利なサービスがある中、カセットテープが再ブームだという。中高年層には、懐かしいものだろう。

カセットテープ
(mactrunk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

スマホさえあれば音楽を聴ける時代に、カセットテープが再評価されているという。若い世代にも、カセットテープは浸透しているのだろうか。


 

■8割近くがカセットテープで音楽を聴いたことあり

しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、「音楽の視聴について」の調査を実施。

カセットテープで音楽を聴いたことがあるグラフ

「カセットテープで音楽を聴いたことがある」と答えた人は、全体で79.3%と高い割合である。


関連記事:小島瑠璃子、「後藤真希の不倫騒動」に述べた持論に厳しい声 「なに言ってるの?」

 

■若い世代は親の影響で

性年代別では、当然ながら年代が上がるほどに割合が増えている。

カセットテープで音楽を聴いたことがある性年代別グラフ

しかしながらカセットテープとは縁遠いと思われる20代でさえ、半数近くもいるのが意外である。

「親が若い頃に買った、80年代のカセットが今でも家にある。母がラジカセでいまだに聴いているので、私もすっかり覚えてしまった」(20代・女性)

次ページ
■カセットテープの再ブームは本当か

この記事の画像(3枚)


あなたにオススメ