専業主婦はコラボ商品がお好き? 「限定品」「特別感」が人を惹きつけるのか

ファッション・アニメ・食品…など、様々な企業がコラボ商品を発表しているが…

ライフ

2019/03/25 10:00

(PRImageFactory/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

異なる人や団体が共同して新しい商品を生み出すコラボレーション(以下コラボ)。「アニメ×ファッションブランド」「食品メーカー×老舗の監修」など、業界の垣根を越えて日々様々なコラボ商品が販売されている。

しばしば、「コラボが決定」という謳い文句でPRされているが、実際にコラボという言葉に高い関心を示し、惹かれる人はどれくらいいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■約2割がコラボに惹かれやすい

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,589名を対象に調査を実施。その結果、全体の19.2%が「コラボという言葉に惹かれてしまう」と回答した。

なお、男性17.1%、女性21.2%と女性にコラボ好きが多いようだ。


関連記事:現在勤めている会社についてどう思う? 20代女性に「会社嫌い」続出の実態が明らかに

 

■30代はコラボがお好き?

さらに、男女・年代別にみていくと異なる傾向が現れた。

60代を除くすべての世代で女性の割合が高く30代女性は32.1%と突出している。男女共に20・30代は全体平均も大きく上回っておりコラボに魅力を感じている人が多いが、50・60代では1割台と高齢層は関心が低い様子も見受けられた。

また、30代を起点に女性は山型グラフ、男性はV字型グラフになっており、男女で異なる認識を持っている傾向も見て取れる。


■専業主婦(夫)はコラボ好き?

また、この調査結果を職業別にみていくと…

もっとも「コラボ」に興味をそそられるのは、専業主婦(夫)層で、22.3%。パート/アルバイト層、公務員層が2割台で続いた。

一方で、もっとも割合が低いのは学生で5.6%と、コラボに興味を持っている人はほんの一握りのようだ。コラボ好きな人に感想を聞いてみたところ…

「一時、ご当地リラックマにはまっていた時があります。自分の好きものが何かとコラボした時は特別感があって衝動買いしてしまいます。大抵、コラボって限定品が多いんですよね(笑)」(30代女性)


コラボという言葉を目にすると、「限定品」「特別感」が連想させられ、ついつい惹かれてしまうのかもしれない。

・合わせて読みたい→まるで「サザエさん」? 財布を忘れて出かけたことがある人の割合は…

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

この記事の画像(4枚)